<< みちのくトラウトフェスティバル   | main | 五畳半の狼・・・ >>

黄変について

0
    一液ウレタンでルアーをどぶ漬けコーティングをしているのですが、どうしても黄変します。
    塗装の順序はセルロースにどぶ漬けした後にアルミを貼り、一液ウレタンにどぶ漬けをして、塗装にはいります。コーティングは夜にしています。
    塗料はMr.○ラーのメタリックブルー、メタリックシルバー、蛍光ピンクなどを使っています。
    何か良い方法があれば宜しくお願い致します。

    ○○さまお問い合わせありがとうございます。

    1.まず単純なミスがひとつ見つけました。
    黄変とは直接関係あるのか分かりませんが、セルローズの上から一液ウレタンをディッピングするのは、NGです。
    セルローズはラッカ系です。下地にセルローズをディッピングしその後一液ウレタンでコートする方法は非常に危険です。
    ウレタン塗料はラッカ塗料より強いため、ウレタンをディッピングした際に、下地のセルローズが侵されてクラッキングを起こすことがあります。
    したがって、下地からトップコートまでを
    セルローズならすべてセルローズ(ラッカ→ラッカ)
    一液ウレタンならすべて一液ウレタン(ウレタン→ウレタン)
    といったように同じ性質の塗料で行うことが基本となります。

    2.下地にラッカ系塗料を使用した場合、トップコートで無黄変タイプのトップコートを使用したとしても、下地のラッカ系塗料が黄変してしまう可能性があります。ラッカ系は基本的に無黄変タイプの塗料は私の知る限りありませんので、それが原因かと思います。
    黄変が気になるのでしたら、下地も無黄変タイプの塗料を使うべきです。



    ちなみに私がBOKUNOルアー作成時、下地一液ウレタンを使用しカラーリングは2液性のウレタンエナメル・仕上げに一液ウレタンをディッピングしていますが
    ここ数年海で使用していますが、黄変の気配はありません。

    その2点が上記工程から分かる黄変の原因かと思われます。


    お問い合わせありがとうございます。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    links
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM