<< 一液ウレタンスプレー缶 | main | タックルBOX リペイント >>

コンプレッサーの吹き圧について

0
    貴社「スケールシルバー」を購入し大変重宝しております。さて、この度ウレタン塗装を思案中につきご質問させていただきます。ウレタン塗料の「ホワイト」などとリアルフィッシュカラーの「ゼストホワイト」に有るような「ゼスト○○」の両者に違いが有るのでしょうか?また、20mlのセットを好みの取り合わせで購入する事は可能でしょうか?塗装の場合、0.3や0.2のノズル径でのエアブラシ使用は可能でしょうか?その場合の推奨される希釈度合やコンプレッサーからの空気圧など教えてください。宜しくお願いいたします。


    お問い合わせありがとうございます。
    色目的には同じものもありますが、ルアー用に調合している塗料もございます。また塗料の種類によって硬化剤や希釈率を変えております。たとえば、ルアー用でしたら、エアブラシで吹ける設定になっていたり。
    ロット用でしたら、しなりに強い粘りのある塗料(希釈が必要)だったりします。
    用途によって塗料の使い分けをしていただく必要があります。

    また、リアルフィッシュの各カラー単色の場合、最低量100mlからの販売になります。

    弊社ルアー用塗料の場合、通常エアブラシで吹ける設定になっていますので、0.2・0.3口径のエアブラシで硬化剤を混合させるのみで綺麗に吹けます。

    エアブラシのエア圧に関しては、エアブラシの口径や気温・塗料の粘度によって左右されますので一度白紙などで試し吹きしていただき、
    塗料が噴出する瞬間、大きな粒にならない程度のエア圧がベストといえます。
    したがって圧に関してはどれぐらいがベストとは言い切れません。
    その時の塗料粘度・口径・気温などによって調整が必要となるからです。
    まずは本番前に、白紙などに試し吹きしてください。
    粒が大きく出るようでしたらエア圧が弱いか
    塗料粘度が高いということになり、エア圧を上げるか、希釈して塗料粘度を下げれば綺麗に吹けるでしょう。

    弊社のコンプレッサーを使っている場合は、元々エアブラシ用で吹けるよう圧設定してありますので、塗料粒が大きく出てしまう場合は、塗料の粘度が高いということになりますので、薄め液で綺麗に吹けるまで希釈してください。

    ご理解いただけたでしょうか?

    お問い合わせありがとうございます。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    links
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM